深入山 行方不明者捜索訓練へ参加

安芸太田町消防団の行方不明者捜索訓練(安芸太田町深入山)に協力、参加してきました。天候は昨日までの強風は収まり朝は少し冷えましたが晴天、かつ微風という絶好のコンディションでした。

ヨシムラドローンスクールのインストラクター森脇さんと私、そしてブルーウィングからも2人の協力をいただきました。

深入山で行方不明者がありその捜索に県内では初めてという消防団にドローンが導入されている、というのが大きな話題で、テレビ局、新聞社も取材に来ていました。

女性消防団がドローンを操作して行方不明者の捜索に当たる、弊スクールはその、いわば助言者という立場です。

報道機関が 取材に来るのは消防団への初めてのドローン導入です(弊社がドローンを納入)

人が15分ほどもかけて登山するところを数秒で駆け上がった弊スクール、インストラクター森脇さんの操縦するドローン(Phantom4Ver2)は十秒程度で山頂まで到達、この日想定した遭難者(弊スクール提供の操縦者用ベスト着用)を発見できる、と、いうドローンの有用性をアピールしました。(この日のために目視外飛行などの飛行許可は取得済み)

ドローンの操縦や機能、有効性などをこの日参加の町長や警察署長、消防署長などに質問を受けながらの非常に価値のある参加体験をさせていただきました。

安芸太田町消防団のドローンの益々の活躍(これはいつも思うことですが活躍が無いことが一番良いことですが何か有事の際にはという意味です)を祈念します。

最後に帰り際には豪華なお弁当と消防団長からの牡丹餅のお土産をいただいて帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。