ドローンスクールについての誤解(変な管理団体所属とか)

どこのフランチャイズにも所属する必要全く無し

ドローンスクールに国交省認定はありません、以前こういう情報を流していたスクールは正常ではありません。国土交通省HP掲載講習団体です。

国土交通省HP掲載講習団体になるためにはそれなりの内容や申請、そして掲載となります。

ヨシムラドローンスクールは独自に、そして独自の内容で申請をしてそして掲載された講習団体です。どこかの営利目的のフランチャイズでの開校とは全くの別物です。

主催者は若いころはラジコンヘリコプターが大好きな青年(今は青年ではない、キッパリ)で自作したヘリコプターで背面飛行のできる操縦技術です。(宙返り(ループといいます)やロールなどは朝めし前)無線関連の知識も和文の電気通信術が試験科目にあったころの1級アマチュア無線技士です。現在ではデジタル関連の知識も持ち合わせています。農薬散布機なども自社製造しています。フライトコントローラーの設定などにはデジタル技術も必要。

ラジコンヘリからのドローンへの移行です。ドローンの安定さに魅かれその将来を信じてのスクールやそのほかの事業への展開です。

学科の講師は中学校の元校長(理科)実技講習は撮影のプロ

どこのフランチャイズにも所属する必要はありません。学科の講習、濃い内容は受講者が確認済みです。

申請通りに10時間以上の実際の飛行時間を確保し、実際に飛ばせる(安全に)技術の取得が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。