杉の泊ホビーフィールド GNSS測量

杉の泊ホビーフィールド(以下SHF)の航空写真測量を実施

撮影は当スクールインストラクターの森脇さん、データを送ってきたそのメールには失敗でした、とあったが理由は天気が良すぎて樹木などの影ができてしまったこと、しかし大きな障害ではない。(写真枚数は760枚くらい)面積およそ 3ha 1000mx350m程度 SHF全体が入る

完成したオルソ画像の縮小版、これは全体で横幅800ピクセルなので細かいところは見えないが実物(サイズ的には500MBくらい)では詳細が見える。

地図としての精度が欲しかったのでポイントを押さえてGPS観測。

自作GPSロガーを設置して1時間程度の観測 その後電子基準点戸河内AとでPK

空が広いところでは基準点とのPKもかなりのFIX率が得られ、また空が狭くて不安だったところは対象にするGNSSを絞ることによって非常にぶれの小さいFIX解が得られた。またこの測量の精度からGNSSアンテナの垂直は目測で立てたが、今回の精度が良かったので次の時にはもっとちゃんんと垂直に立てることは重要と思われる。(あまり精度が出ないだろうからテキトーにやった、今回のような良い精度は期待していなかったためだが)(傾きによる誤差は数センチ程度、今回の目的では問題ではない)

地上基準点の誤差はこのGNSSロガーと戸河内AとのPKで10センチ以内の精度

検証点として選んだ側溝の端が写真上では雑草に埋もれてしまっていて誤差が少し大きくなってしまったがそれでもX方向が19センチ Y方向が3センチに収まった。

またZ値の誤差にはあまり期待をしていなかったのだが大きなものでも4センチ、場所によっては数ミリ以内という予想外に良い結果が得られた。

GNSS測量という性質上数百万円という測量機でなくても今回のように電子基準点が近くであればかなりの精度を出すことができることを検証できた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。