農薬散布機 2機 スタンバイ

農薬散布機が現在2機 制作進行中。

アームの部分
この機体の特徴、散布用の配管はアームの中を通る、スマートである
配管と、アーム上にGPSアンテナ
ポンプとその配管
モーターの下側からの画像

機体が大きいために制作に関してはより慎重になる、注意深く、かつ繊細、かつ大胆に制作進行中。

1機は搭載容量10L もう1機は小型で6L 農薬散布機としては標準装備の自動散布が可能。

10L機は 手元の送信機の画像での範囲指定が可能になる機体。

制作組み立ての途中で世界的な半導体不足のこともあって送信機の納入が遅れていたがそれも到着設定を済ませ試験飛行まであともう少しといった状態。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。